新たな生活様式の中で

新型コロナウイルス感染防止のため スタンドでの声の応援などは控えて 拍手や手拍子で後押する新たな観戦スタイル。 人数を制限して観客の上限5000人とした野球観戦は通常の6分の1。 こんな静寂の中での野球観戦は初めてでしたが 今までは耳にすることがなかった 色々な野球の息遣いを感じられたそんな野球観戦でした。 ピッチャーが投球の際の出る微かなの音、キャッチャーのミットに入った時の音。 ボールがバットに当たる打球音やベンチからの声。 うみくんと海人とぉちゃんから誘われて 先月の中旬に名古屋ドームへ出かけ 身体で感じた野球観戦に これが野球本来の音なのだと感動しました。 *************************************** 現在は連日の感染状況が警戒領域の厳しい状況となり 「感染防止対策の徹底」「不要不急の行動自粛」が呼び掛けられる日々。 今では野球観戦もままならない状況下なので 我が家はテレビで観戦するスタイルになっていますが それでもあの時、身体で感じた野球の音を 画面越しにも感じられるそんな観戦になっています。

続きを読む

ナイトえんどうまめの会

先週の18日の土曜日に第二回ナイトえんどうまめの会を開催しました。   勿論、遠藤さんにお越し頂きまして 子育ちオンラインcafe(オンライン接続お試し会)終了後に 合流して頂いたmother-takagiさん、madamdonguriさんを スペシャルゲストにお招きし 参加された方は総勢何と!22名~!! 子が寝静まるのを目論んでの夜の大人の会になりました。 先月の初回は質問をお受けする方が8人程おみえになり 色濃いご質問の内容で 後半になるにつれて時間が押してしまいましたので 今回は4名の方からのご質問とさせて頂きました。 Zoom開催でのオンラインですが 遠藤節は健在で何ともお得感満載の味わい深い会になりました。 今回は学習場面、学校教育の話題が中心になりまして お子さんが就学前の方にはイメージがつきにくい内容だったかもしれませんが でも、行く着くところは 「生活だよねー」となるところが やっぱり、子育ちだなぁーと。 お話の中に学校の宿題について話題が上がりました。 我が家もうみくんが低学年の頃は 若干、ディスグラフィア(書字障害)を持ち合わせているうみくんの 書字に対する所作や書字困難への対策、宿題の内容について 担任の先生と相談しながら手当てをしていた頃を ふと、思い返したりしていました。 madamdonguriさん、mother-takagiさんからの テクニックとなるアドバイ…

続きを読む

耳をふさぐ

ある日のこと。 勤務で疲れていた母が 若干、八つ当たり的にお小言めいたことをうみくんへ。 ふと、気がつくと 母にわからないようにさりげなく 耳をふさいでました(苦笑) あー、彼の方が大人...です。

続きを読む